【それは詐欺?】チャップアップの全額返金保証では全額戻らない?

全額返金保証制度とは、「チャップアップを使って自分の頭皮に合わない場合、代金は全額返金します」という、利用者にはメッチャ安心できる制度です。

ところが、実は全額が返金されるわけではありません。全額とうたっておいて全額じゃないって、一体どういうことなんでしょう。詳しく検証しました。

チャップアップの全額返金保証で全額返金されない理由

チャップアップの返金保証制度の正式名称は、「永久全額返金保証」といいます。

永久というのは、返金を申請できる期間が無期限という意味。対象は最初の1本ですが、何年たとうと満足できなければ返金してもらえます。

そして、永久の次は確かに全額返金保証になっていますね。これが問題の部分なんです。

返金にかかる費用や損失は購入者が負担する

全額返金保証とうたう通り、チャップアップの代金は全額返金されます。ただし、返品は購入者の意思なので、発生する費用や手間は購入者に負担が求められます。

でも、別途払ってもらうのも面倒なので、返金する商品代金から差し引きます、というのが減額される理由。

差し引かれる費用にはどんなものがある?

では、かかる費用=差し引かれる費用の内容を見ていきましょう。

  • 振込手数料数百円…返金にかかる振込手数料。相手先の銀行によってまちまちです。
  • 事務手数料1,000円…これはチャップアップに特徴的な費用です。返金に伴う手間、人件費の負担金ですね。
  • 購入時無料の送料660円…定期便では送料が無料だったんですが、それは商品の利益から出したもの。返金したので利益もなくなり、その補填です。
  • 代引手数料420円…考え方は送料と同じ。購入商品によりますが、購入時無料なら返金時に差し引かれます。

ここからは、返金請求が定期便の次回分発送準備期間(次回到着予定10日前)にかかった場合の割増加算金です

  • 事務手数料500円…商品梱包、配送便手配などのキャンセル費用
  • 商品代金の10%…手続き開始が遅れたことのペナルティ

全額返金保証制度は、通販育毛剤では普通に設定されています。費用の差引もほとんどの育毛剤に見られることですが、事務手数料や商品代金の10%を引くのはチャップアップの特徴。

差引額が多くなることから、この部分には批判的な意見が集まりやすいようですね。

シミュレーション・実際に返金申請したらいくら戻る?

チャップアップの返金申請では、かなり差し引き項目が多いですね。では実際に申請したらどれぐらい目減りするものなのか、試算してみましょう。

条件は、一番人気のチャップアップ&サプリのセット・即定期便をカード払いで購入した、という想定です。支払ったのは9,090円ですね。

注文後20日以内に定期便を解約、返金申請した場合(次回分の発送準備期間外)では、次の通り。

  • 事務手数料1,000円
  • 無料サービスの送料660円
  • 申請者の口座への振込料216円(仮定)

計1.876円が差し引かれ、入金は7,214円になります。

手続きが遅れ、注文後21日目以降に申請する場合は次回分準備期間内になり、負担費用が増えます。

  • 事務手数料500円
  • 商品代の10%の909円

2件計1,409円が追加で差し引かれ、5,805円が入金されます。

差し引かれる金額って、意外と大きいですよね。最大で約3分の1も引かれます。ここまで大きいと、「全額返金」とはちょっと言いにくいと思いますけどね。

実際に申請するときに、注意していただきたいことがあります。

チャップアップの全額返金保証を申請する時の注意点は?

返金申請は、必ず事前に電話で申請することが必要です。そのときには必ず申請理由を聞かれます。もちろんていねいな言葉で、尋問調ではありません。

これは、販売元としては一番知りたいことだし、制度を利用する基本的事項なので当然でしょうね。事実通りわかりやすく答えましょう。

このときの返事で、「かゆみが出た」「頭皮に合わない」などと答えると、話が早く進みます。この制度の目的に合っているからなんです。

返金保証制度の目的の一つは、体質的に頭皮に合わず、継続使用が難しくなった人を救済すること。それに合った理由なら問題なく適用されるはず。

返金請求する時の電話が長引く理由とは?

電話が長引くのが、ここで「効果がないから」と答えること。この理由も制度の対象なんですが、これには二つ返事でオッケー!というわけにはいきません。

申請理由が「効果がないから」だと、重ねて使用期間を聞かれます。注文後20日程度の場合、それでは使用期間が短すぎるので継続しては?という話の展開に。

チャップアップに限らず、育毛剤は1ヵ月や2ヵ月使っても効果が出るものではありません。なので、この場合は返金請求ではなく、継続するのが正解なんです。

チャップアップを使うなら最低3ヵ月以上、できれば半年は頑張るべき。それでダメなら、申請してもすんなり通ることでしょう。

全額返金制度を使ったお試しもアリ?

全額返金制度を利用したお試しはいくら?何日間可能?

最初からお試し目的で購入して、返金制度を利用すればタダとはいわないまでも、相当安くなるのでは?こう考える人も少なくないでしょうね。

ではどうなるか、さっきのシミュレーションを使ってやってみましょう。チャップアップは通常注文してから3日ほどで届くようです。(土日祝日除く)

チャップアップのお試し期間と費用はどれぐらい?

次回分の配送準備期間にかからないようにする場合、注文から届くまでの3日間はロスタイム。それから準備期間前まで、17日間は使えますね。

商品代金9,090円と返金額7,214円との差額1,876円が、17日間のお試し費用です。

そして、配送準備期間を気にせず目いっぱいお試しする場合、10日間延長できて27日間使えます。

このときの返金額が5,805円なので、9,090円との差額3,285円がお試し費用。

この結果をどう考えるかは人それぞれです。どっちみち1本では効果の確認はできないんだから、自分に合うかとか使用感なら、17日もあれば十分な気がします。

チャップアップの返金制度を利用すると二度と買えない

ただし、お試しで使って返金を受け取れば、その後チャップアップは買えなくなることをお忘れなく。

返品する前によく考えて、もう絶対チャップアップは使わないことが確信できたら実行しましょう。

おすすめは、試してみて問題なければそのまま定期便を継続すること。それで半年とか1年たって、効果がなければ改めて返金請求すればいいんです。

いくら時間がたっていても、最初の1本・1セット分だけは返金されます。チャップアップは永久返金保証なので、こんなことができるんです。

制度は複雑そうですが、実際の手続きも難しい?

チャップアップの全額返金保証の手続きはとっても簡単

返金保証制度の利用方法は全然難しくはありません。手順は以下の通りで、簡単にできます。

  • STEP.1
    電話で申請する
  • STEP.2
    チャップアップ&サプリの容器、納品書、返金保証書を梱包
  • STEP.3
    販売元・ソーシャルテックへ返送
  • STEP.4
    折り返し返金用紙が届く
  • STEP.5
    振込み先など必要事項を記入・返送する。
  • STEP.6
    内容確認後約30日で振込み入金

※返品する前に必ず電話してください。電話がない場合、受け付けされません。
※返品費用は申請者の負担です。着払いでは受領されません。
※返品は電話申請から3日以内に発送してください。

文字で書くと何だかややこしそうに見えますが、要は商品を梱包して返送、届いた用紙に記入して、これも返送すれば完了です。2ステップの簡単な手続きでしょう?

まとめ

チャップアップの全額返金保証制度について、詳しく検証しました。

支払っただけの金額が、全額返金されないのには、理由がありました。返金するにも費用がかかるので、その分を負担しているんです。

チャップアップに問題があって返品するわけじゃないので、少々多いんですけど、ここはやはり購入者が負担することに。

この制度があるおかげで、安心してチャップアップが始められます。市販育毛剤にはないサービスなので、そのことを思えば費用負担も許容範囲でしょう。

そして、継続して長期使用していれば、実際に返品することにはたぶんならないかと。