【それ本当?】チャップアップで起こるかもしれない副作用が4つも!

チャップアップは、安全性には特に配慮された育毛剤です。公式サイトにも書いてあるとおり、テストも受けたし添加物も排除しました。

それなのに、まだ副作用の可能性がありそうなんです。その副作用って何なのか、詳しく書いていきます。

チャップアップには副作用がある成分が配合されてないはず

では、チャップアップについて概要を見ておきましょう。

チャップアップの特長は、3つの有効成分のほか数多くの植物抽出物を中心とした成分構成です。その中に副作用が起こるような成分は、配合されていません。

主成分は海藻エキスのM-034で、毛根部を活性化。その他の成分も頭皮の血行促進、抗炎症、保湿などの作用をもち、頭皮の環境を改善して髪の成長を促します。

もちろん有害添加物は無添加で、頭皮への負担などは全くなし。

さらに、チャップアップが合わない体質の人には、永久全額返金保証がサポートします。初めて使う人でも、安心して使える育毛剤といえるでしょう。

身体に悪い成分は使われていないようです。それなら安全なはず。

公式サイトでは副作用の可能性についてどういう見解なの?

チャップアップの成分が使った人に働きかけ、その人が望まない影響が現れるのが副作用。

そう考えれば、成分側の一方的な要因でなくても、使った人の要因で起きるアレルギーなんかも副作用の一種といえるのでしょう。

チャップアップで副作用が起こる可能性について、公式サイトでは次のように注意を呼びかけています。

チャップアップを使って、皮膚に何らかの異常が出る可能性が想定されています。2つ目、3つ目の場合は、成分のアレルギーや、紫外線アレルギーの悪化をさしているようですね。

チャップアップの成分に問題がなくても、使う人の状態・条件によっては悪影響が出ると考えたほうがよさそうです。

その悪影響とは、具体的に何が起こるんでしょう。

チャップアップで起きるかもしれない4つの副作用とは?

チャップアップのような育毛剤は、医薬品のリアップやプロペシアで起こるような副作用とは無縁です。

ただし、育毛剤でも体に働きかける以上、何かしらの影響はあるでしょう。それが使用者が望んでいないことなら、「副作用」と呼ばれたりもするんです。

考えられるのは、アレルギーを含めて4つ。

  • アレルギーによる赤み、かゆみ、湿疹
  • 血流が回復する過程のかゆみ
  • 頭皮環境の回復過程で増えるフケ
  • 急激な抜け毛の増加

安全なチャップアップなのにどうしてこんな症状が起こるのか、その理由を見ていきましょう。

アレルギー反応として起こるかぶれなどの症状

チャップアップの成分には、アレルギーを起こす成分は使われていません。

原料には化学物質ではなく植物成分を多用、添加物も使わずリスクを減らしました。

それについては外部の専門機関で検査を受け、反応が起きないことを確認済。

ただ、多くの利用者の中には、81種類ある成分のうちのどれかに反応する体質の人も出てきます。チャップアップ側での対応には、どうしても限界があるんです。

この場合でも、使う側での対応でアレルギー反応は避けられます。

頭に塗る前に、自分でパッチテストをやってみましょう。腕の内側へチャップアップを塗り、絆創膏を貼って24時間放置。はがしてみて異常がなければOK。

もし、赤くなっていたりかゆみ・湿疹などが出ていたらアウトです。使用はあきらめて、返金保証制度で代金を返してもらってください。

血流の回復・増加で起こるかゆみの症状

皮膚のかゆみはアレルギーだけではありません。皮膚の表面にある血管が拡張しても、かゆみを感じることがあります。

チャップアップにはセンブリエキスを始め、血行促進作用を持つ成分が豊富に配合されます。

この作用で血管が拡張して血流が増えるんですが、その時の血管の動きで周囲にある肥満細胞が刺激されます。そしてヒスタミンという痒み物質を放出。

その結果、皮膚にかゆみが出るというメカニズムなんです。

これって、悪いことじゃありませんよね。痒いのは一時的だし、効果が期待できるサインなので喜ばしい現象でしょう。副作用は悪いことばかりではないんです。

頭皮のターンオーバーが活性化して起こるフケの増加

かゆみとともに、フケが増えたと感じられることもあります。フケといえば、頭皮の炎症とか乾燥が原因かも。

でも、チャップアップには抗炎症や保湿成分が豊富。頭皮の環境を改善する作用は最も得意な部分なのに、それが逆の結果を生むはずもありません。

この場合のフケは、チャップアップの効果の現れ。頭皮環境がよくなって頭皮のターンオーバーが促され、古い角質がフケになって落ちてくるんです。

副作用ではなく、かゆみと同じで効果が出てきた証拠です。このフケはずっと続くものではなく、頭皮の代謝が正常になれば次第に減ってくるでしょう。

ただ、可能性としてシャンプーやリンスのすすぎ残りが心配。念のためこの点をチェックしてください。

育毛剤で抜け毛が増える!とても怖い初期脱毛とは?

薄毛に悩んで育毛剤を使うと、そのあと髪の毛がどんどん抜け始めることがあります。これはどう見ても育毛剤の副作用。

そう思って直ちに育毛剤をやめる人も多いんですが、実はこれが大きな間違いです。やめたら最後、改善への道は閉ざされます。

薄毛の人は、成長が止まって抜けるのを待っている毛が多いんです。その毛根で育毛剤が働いて新しい毛が成長を始め、古い毛が押し出されて抜けていきます。

これが初期脱毛という大量の抜け毛で、平均すると1ヵ月ほど続きます。でも、この現象も効果の前触れ。悪いことではありませんね。

抜け毛は必ず止まり、その後からは新しい毛が伸びてきます。むしろ喜ぶべき副作用・抜け毛なのです。

初期脱毛はチャップアップでは起こりにくい?

そうとわかれば、チャップアップでも起こってほしいもの。でも、この現象は、発毛剤と呼ばれる医薬品・リアップやプロペシアで多く見られます。

医薬品は発毛作用が強いので、新しく生える毛も抜け毛も多くなるんです。

チャップアップでも初期脱毛は起こります。メカニズム的に、効果があれば起こるはずですからね。でも、作用が穏やかなので、抜け毛の数が少なく目立ちません。

普段でも50~100本は抜けているので、少々増えても気づかないんです。でも、もし気づいても焦って止めないでくださいね。

ここはぐっと我慢して、そのまま続けることが最善の対処法です。

チャップアップの副作用は、心配する必要がないのかもしれません。

育毛剤で副作用は起こってもリスクとしては決して高くない

初期脱毛の起こりかたで見たように、育毛剤では、発毛剤のような激しい初期脱毛や重大な副作用が起こるリスクは高くはありません。

この違いは、薬機法上の医薬品(=発毛剤)と医薬部外品(=育毛剤)の分類によるものなのです。

医薬部外品に認められる育毛作用は、健康な髪を育て、抜け毛を予防すること。作用は緩やかで、医薬品のような強引に髪を生やす作用はありません。

なので、副作用があったとしても、緩やかな表れ方になるんです。医薬部外品の育毛剤・チャップアップには、いわゆる副作用の心配はないと思っていいでしょう。

まとめ・副作用がイヤな人にはチャップアップがおススメ

チャップアップは、副作用のリスクを極力排除した育毛剤。

それでも、相性のよくない体質と成分が出会えば、アレルギーは起こるでしょうね。ほかにも痒みや抜け毛など、一見悪影響は出る可能性があります。

アレルギーは仕方ないので返金保証で対処しますが、他の影響は効果の証明みたいなもの。これは放置でOK!

チャップアップを選んでおけば、副作用で悩む可能性はほぼゼロといっていいでしょう。

それでも副作用が気になるなら、購入前の利用もできるサポートへ相談。納得したらそのまま注文できますよ。公式サイトはこちら。